上ノ山明彦(かみのやまあきひこ)提供

気になる本 あれこれ

文化イベント情報

文学、演劇、音楽等の文化イベント情報を募集しています。

ベストセラー情報

八重洲ブックセンターの情報を元にベストセラー情報をご紹介しています。

日本ペンクラブ主催イベント

日中作家対談  「風土と小説 ― 中国と日本」対談: 劉震雲・浅田次郎
東京大学(本郷)にて11月28日(火)開催

午後6時45分開場 午後7時開演(午後8時45分終演)
場所 東京大学文学部1番大教室(法文2号館2階)
入場無料(事前申込不要)・通訳付
開会挨拶:日本ペンクラブ会長 吉岡 忍
映像 『温故1942』(2008年世界P.E.N.フォーラム上映作品・一部)
中国作家代表団員紹介 日本ペンクラブ国際委員長 沼野充義
        ―対談― 
劉震雲  1958年、河南省延津県出身。
1973年~78年 中国人民解放軍で兵役に就く。1978年に河南省の全国普通高等学校招生入学考試で文科首席(高考状元)となり、北京大学卒。北京師範大学、魯迅文学院に学ぶ。2011年8月 中国長編小説を対象とした中国文学界で最も栄誉がある賞の一つである「茅盾文学賞」を『一句頂一万句』で受賞。
邦訳作品:『一句頂一万句』水野衛子訳、彩流社、2017年『盗みは人のためならず』(『我叫劉躍進』)水野衛子訳、彩流社、2015年『人間の条件1942』(『1942』)劉燕子訳、集広舎刊 2012年など。

浅田次郎 1951年、東京都出身。
日本ペンクラブ前会長(2011年~2017年)。1951 年、東京都出身。1997 年『鉄道員』で直木賞、2000 年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006 年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞、2008 年『中原の虹』で吉川英治文学賞、2010 年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2017年『帰郷』で大佛次郎賞を、それぞれ受賞。2017 年現在、直木賞、吉川英治文学賞、渡辺淳一文学賞選考委員。近著に『天子蒙塵』(第一巻、第二巻)など

森ミドリ コンサート情報

森ミドリ クリスマスなコンサート

 2017年12月22日(金)
アーク栄サロンホール(名古屋)

14時半~ 開演 
19時~  開演 

2017年12月25日(月)
紀尾井町サロンホール(東京)
14時半~ 開演 (完売しました) 
19時~ 開演 (残席僅か)  

ゲスト 佐藤 久成(ひさや)(ヴァイオリン)
江崎 萌子  (ピアノ)
森 ミドリ(ピアノ)※チェレスタは東京のみ

お申込みは ☎03-3493-6420

祝 童謡誕生100年  童謡を愉しむコンサート

日時 2018年1月21日(日) 
午後1時21分開演 (午後1時開場)
(終了時間 午後4時過ぎに予定)

場所 渋谷区文化総合センター6F
     「伝承ホール」
〒150-003 渋谷区桜丘町 23-21
   渋谷駅西口から徒歩5~6分です。
(※ 駅前の歩道橋横に、エレベーターも設置されています)

料金   大学生以上    2500円  
高校生      1000円
小・中学生     500円
(就学前のお子様はご入場いただけませんこと、ご了承ください)

出演  下重 暁子  (作家)
太田 治子  (作家)
志茂田景樹  (作家)

    伊藤 和   (朗読)
内田 民恵  (朗読)
松本 潤子  (朗読)

(特別ゲスト)佐藤 久成(ヴァイオリニスト)

森 ミドリ(チェレスタ・ピアノ・進行役)

お申込みは、
電話 03-3493-6420
FAX 03-3493-7220

中村敦夫のライフワーク
朗読劇「線量計が鳴る」の全国上演日程

 

 

 

 

 

中村敦夫の著書

原発の町で生れ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを奪われた。
これは天命か、それとも陰謀か?老人は、謎解きの旅に出る。

5月25日(木)
16時30分開演
くまもと県民交流館バレア大ホール
問い合わせ 
熊本上演委員会 090-4982-6094

6月3日(土)徳島公演
18時30分開演
般若院・本堂
入場料 2,500円{当日3,000円}
問い合わせ
般若院 088-652-6754

6月16日(金)いわき公演
18時開演
いわきアリオス小劇場
問い合わせ
いわき市上演委員会 0246-58-5570

東京公演
6月18日(日) 18時開演
6月29日(木) 16時開演
7月16日(日) 18時開演
7月28日(金) 16時開演
笹塚ボウル4階ホール
東京都渋谷区笹塚1-57-10(京王線笹塚駅前2分)
全自由席・2,000円
*予約制、70席前後の会場につきお早めのご予約をお待ちしております。
ご予約・問い合わせ
笹塚ボウル 03-3374-1300 ・FAX03-3377-3333
mail info@sasazukabowl.com

8月11日(金)青森公演
13時30分開演
八戸市公民館ホール
前売券2,000円(当日券2,300円)全席自由
(高校生以下は無料)
問い合わせ
核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団 0178-47-2321

9月9日(土)福山市公演
時間 未定
会場 未定
問い合わせ
福山市上演委員会

9月10日(日)広島公演
14時開演
本願寺広島別院 共命ホール
問い合わせ
広島上演委員会 090-6837-8236

この外、十数都市で、上演委員会設立が準備されています。

 
中村敦夫氏への講演依頼はここに案内があります。
http://www.monjiro.org/lecture/

日本ペンクラブ主催イベント

日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」(7月22日開催・事前申込要)

沖縄の光と影は濃密な人と人との交わりを生み、独特の文学が生まれました。 作家・大城貞俊さん(「沖縄文学への招待」琉大ブックレット)を沖縄からお迎えし、  「帰郷」(大佛次郎賞)ほか、反戦文学作品とベストセラーで知られる浅田次郎さん、沖縄文学選(講談社)をまとめた川村湊さんが「沖縄と文学」を語り合います。  ペンクラブ 戦争と文学 第4弾  夏。すずらん通りでお会いしましょう

主 催/一般社団法人日本ペンクラブ
日 時/ 2017 年7 月22 日(土)午後2 時~午後4 時30 分(開場 午後1 時)
開場後、出演者のサイン本販売会を行いますので、お早めにお越しください
会 場/東京堂書店 東京堂ホール(千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階)
地下鉄神保町駅下車・A7 出口から徒歩3分
参加費/1,000 円 (当日受付払い)
定 員/80 名 ※要申し込み・メールまたは往復葉書の申込到着順
<プログラム>
基調講演 「いま沖縄と文学を考える」浅田次郎(日本ペンクラブ会長)
お話 詩人・作家 大城貞俊(前琉球大学教授)
お話 文芸評論家 川村湊 (前法政大学教授)
質疑と討論
コーデイネーター 梓澤和幸(ペンクラブ平和委員会委員長)

http://www.japanpen.or.jp/news/cat201/722_1.html

日本ペンクラブ主催イベント

日加女性作家フォーラム「今、女性作家が思うこと」(2017年6月20日開催)

日本ペンクラブはカナダ大使館との共催で 「日加女性作家フォーラム」の第二弾として以下のイベントを実施します。

 2016年に「Do Not Say We Have Nothing」 でカナダで権威ある文学賞であるカナダ総督文学賞とギラー賞を合わせて受賞し、イギリスのブッカー賞の最終候補リストに残るなど、今世界的に活躍されているバンクーバー出身のカナダ人女性作家マドリン・ティエンさんをゲストにお迎えしお話しをおうかがいします。
マドリン・ティエン (作家)
茅野裕城子 (作家、日本ペンクラブ女性作家委員長)
野中柊 (作家、日本ペンクラブ会員)

日時:2017年6月20日(火)、18:30~20:00 (開場:18:00)
場所: カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター (地下2階)
言語: 英語/日本語
費用: 無料、登録制
主催: カナダ大使館、日本ペンクラブ
共催: 日本カナダ文学会

申込(直接カナダ大使館にお申込みください):
E メール(宛先:tokyo.cc@international.gc.ca)に、下記の事項1~4を明記してお申し込み下さい。登録受付は定員となり次第締め切らせていただきます。
お名前 (日本語・ローマ字)
職業または会社・機関・学校名
E メールアドレス
ご同行者がいらっしゃる場合は、その方のお名前

日本ペンクラブ主催

イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」(2017年4月7日 成功裏に終了)

4月7日 日本ペンクラブイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」 発言をYou Tubeで配信中  

表現者として、共謀罪そしてその先に来る監視社会に、「NO」を宣言します。

政府は、テロリストを捕まえるためのもので、「一般人」には関係ない法律だと言っています。そしてオリンピック開催のためにはテロ対策として、どうしても必要だと繰り返しています。
 でもこれまで「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)」は3度にわたって国会に上程されながら、いずれも廃案になった経緯があります。そこから見えてくるのは、
・編集会議で「徹底取材」を確認し、嫌がる政治家をしつこくコメントを求めること
・住んでいる団地のそばの公園を潰す計画に、自治体みんなで反対の抗議活動をすること
まで、罪の対象になる可能性が出てきます。

 しかも、疑わしいだけで、しかもその基準もあいまいで警察の恣意的な判断の下で、検挙され身柄が拘束されることになります。
さらにそのためには、日常的に電話やメールを盗聴するなどして証拠を集めることが必要で、そのために法改正がなされ、その結果、自分たちが知らないうちに、取材過程が監視されることになりかねません。

 言論・表現活動に携わる者として、共謀罪が取材・報道の自由とどのような影響があるのかを改めて確認し、同時に、昨今の《言論萎縮状況》にいかに立ち向かっていくかを話し合う、元気が出る会にしていきたいと思います。

発言(敬称略): 浅田次郎(作家、日本ペンクラブ会長)、雨宮処凛(作家)、香山リカ(精神科医・作家)中島京子(作家)、ビッグ錠(漫画家)、森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)、森達也(作家・映画監督)、他
司会:山田健太(日本ペンクラブ常務理事・言論表現委員会委員長)
日時:2017年4月7日(金)午後6時半から8時
場所:文京区シビックセンター 小ホール
参加費:1000円
当日先着順:事前申込不要 定員280名

 

 

電子出版のご紹介

日本ペンクラブ電子文藝館

電子文藝館は、2001年11月26日に開設されました。ゼロから始めた作品掲載がこ のほど1000点を越えました。
 島崎藤村から当代の浅田次郎まで16人の歴代会長の作品のほか、ペンの会員なら 誰でも提案可能な作品、2010年の国際ペン東京大会開催を記念して始めた国際版 ・インターナショナルエディションの日本文学作品の英訳・仏訳作品、日本ペン創設以前の幕末・明治頃から現代までの会員以外の作品まで網羅的に、できるだ け系統的に掲載しています。

電子文藝館国際版

(The Japan P.E.N. Club Digital Library -international edition)

 (外国語作品や外国語訳作品を原語で掲載しています)

インターネットの電子図書館、青空文庫

青空文庫は基本的にボランティアにおって運営され、著作権が切れた文学作品を電子書籍化し、無料で公開しています。

↑ PAGE TOP