上ノ山明彦(かみのやまあきひこ)提供

気になる本 あれこれ

文化イベント情報

文学、演劇、音楽等の文化イベント情報を募集しています。

ベストセラー情報

八重洲ブックセンターの情報を元にベストセラー情報をご紹介しています。

日本ペンクラブ主催イベント

日本ペンクラブ女性作家委員会文学イベント
「作家が自作を語る」10月29日開催(事前申込要)

作家はどんな思いを込めて、その小説を書いたのか……。
創作の喜びと苦しみ、職業作家のたくらみと工夫、自信と不安、主人公への共感、現代社会と女性について思うところ、など、自由に語るひととき。
作家の肉声が、あなたの読書を、さらに豊かに、深く、耕すでしょう。

開催日 2017 年10 月29 日(日)

時 間 午後2時〜4時(午後1時30 分開場)
会 場 東京堂ホール
(東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6 階) 
「東京メトロ半蔵門線」「都営新宿線」「都営三田線」 神保町駅 いずれもA7出口から徒歩3分 

出 演

柚木 麻子(作家)『さらさら流る』を語る
植松 三十里(作家)『千の命』を語る
松本 侑子(作家・翻訳家)『 みすゞと雅輔』を語る
司会 髙森 玲子(作家)

日本ペンクラブ共催イベント

『第15回大田原市文学サロン 「走る」文学~大田原マラソン30回大会に寄せて~』(10月28日開催)について

<日時>

 平成29年10月28日(土曜日)
14時から16時30分まで(13時30分開場)

<場所>

 那須野が原ハーモニーホール 小ホール
(栃木県大田原市本町1-2703-6)

<入場整理券の配付>

 入場には次のとおり配付する入場整理券が必要です。

詳細はここで

http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2016092400046/

中村敦夫のライフワーク
朗読劇「線量計が鳴る」の全国上演日程

 

 

 

 

 

中村敦夫の著書

原発の町で生れ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを奪われた。
これは天命か、それとも陰謀か?老人は、謎解きの旅に出る。

5月25日(木)
16時30分開演
くまもと県民交流館バレア大ホール
問い合わせ 
熊本上演委員会 090-4982-6094

6月3日(土)徳島公演
18時30分開演
般若院・本堂
入場料 2,500円{当日3,000円}
問い合わせ
般若院 088-652-6754

6月16日(金)いわき公演
18時開演
いわきアリオス小劇場
問い合わせ
いわき市上演委員会 0246-58-5570

東京公演
6月18日(日) 18時開演
6月29日(木) 16時開演
7月16日(日) 18時開演
7月28日(金) 16時開演
笹塚ボウル4階ホール
東京都渋谷区笹塚1-57-10(京王線笹塚駅前2分)
全自由席・2,000円
*予約制、70席前後の会場につきお早めのご予約をお待ちしております。
ご予約・問い合わせ
笹塚ボウル 03-3374-1300 ・FAX03-3377-3333
mail info@sasazukabowl.com

8月11日(金)青森公演
13時30分開演
八戸市公民館ホール
前売券2,000円(当日券2,300円)全席自由
(高校生以下は無料)
問い合わせ
核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団 0178-47-2321

9月9日(土)福山市公演
時間 未定
会場 未定
問い合わせ
福山市上演委員会

9月10日(日)広島公演
14時開演
本願寺広島別院 共命ホール
問い合わせ
広島上演委員会 090-6837-8236

この外、十数都市で、上演委員会設立が準備されています。

 
中村敦夫氏への講演依頼はここに案内があります。
http://www.monjiro.org/lecture/

日本ペンクラブ主催イベント

日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「戦争と文学・沖縄」(7月22日開催・事前申込要)

沖縄の光と影は濃密な人と人との交わりを生み、独特の文学が生まれました。 作家・大城貞俊さん(「沖縄文学への招待」琉大ブックレット)を沖縄からお迎えし、  「帰郷」(大佛次郎賞)ほか、反戦文学作品とベストセラーで知られる浅田次郎さん、沖縄文学選(講談社)をまとめた川村湊さんが「沖縄と文学」を語り合います。  ペンクラブ 戦争と文学 第4弾  夏。すずらん通りでお会いしましょう

主 催/一般社団法人日本ペンクラブ
日 時/ 2017 年7 月22 日(土)午後2 時~午後4 時30 分(開場 午後1 時)
開場後、出演者のサイン本販売会を行いますので、お早めにお越しください
会 場/東京堂書店 東京堂ホール(千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階)
地下鉄神保町駅下車・A7 出口から徒歩3分
参加費/1,000 円 (当日受付払い)
定 員/80 名 ※要申し込み・メールまたは往復葉書の申込到着順
<プログラム>
基調講演 「いま沖縄と文学を考える」浅田次郎(日本ペンクラブ会長)
お話 詩人・作家 大城貞俊(前琉球大学教授)
お話 文芸評論家 川村湊 (前法政大学教授)
質疑と討論
コーデイネーター 梓澤和幸(ペンクラブ平和委員会委員長)

http://www.japanpen.or.jp/news/cat201/722_1.html

日本ペンクラブ主催イベント

日加女性作家フォーラム「今、女性作家が思うこと」(2017年6月20日開催)

日本ペンクラブはカナダ大使館との共催で 「日加女性作家フォーラム」の第二弾として以下のイベントを実施します。

 2016年に「Do Not Say We Have Nothing」 でカナダで権威ある文学賞であるカナダ総督文学賞とギラー賞を合わせて受賞し、イギリスのブッカー賞の最終候補リストに残るなど、今世界的に活躍されているバンクーバー出身のカナダ人女性作家マドリン・ティエンさんをゲストにお迎えしお話しをおうかがいします。
マドリン・ティエン (作家)
茅野裕城子 (作家、日本ペンクラブ女性作家委員長)
野中柊 (作家、日本ペンクラブ会員)

日時:2017年6月20日(火)、18:30~20:00 (開場:18:00)
場所: カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター (地下2階)
言語: 英語/日本語
費用: 無料、登録制
主催: カナダ大使館、日本ペンクラブ
共催: 日本カナダ文学会

申込(直接カナダ大使館にお申込みください):
E メール(宛先:tokyo.cc@international.gc.ca)に、下記の事項1~4を明記してお申し込み下さい。登録受付は定員となり次第締め切らせていただきます。
お名前 (日本語・ローマ字)
職業または会社・機関・学校名
E メールアドレス
ご同行者がいらっしゃる場合は、その方のお名前

日本ペンクラブ主催

イベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」(2017年4月7日 成功裏に終了)

4月7日 日本ペンクラブイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」 発言をYou Tubeで配信中  

表現者として、共謀罪そしてその先に来る監視社会に、「NO」を宣言します。

政府は、テロリストを捕まえるためのもので、「一般人」には関係ない法律だと言っています。そしてオリンピック開催のためにはテロ対策として、どうしても必要だと繰り返しています。
 でもこれまで「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)」は3度にわたって国会に上程されながら、いずれも廃案になった経緯があります。そこから見えてくるのは、
・編集会議で「徹底取材」を確認し、嫌がる政治家をしつこくコメントを求めること
・住んでいる団地のそばの公園を潰す計画に、自治体みんなで反対の抗議活動をすること
まで、罪の対象になる可能性が出てきます。

 しかも、疑わしいだけで、しかもその基準もあいまいで警察の恣意的な判断の下で、検挙され身柄が拘束されることになります。
さらにそのためには、日常的に電話やメールを盗聴するなどして証拠を集めることが必要で、そのために法改正がなされ、その結果、自分たちが知らないうちに、取材過程が監視されることになりかねません。

 言論・表現活動に携わる者として、共謀罪が取材・報道の自由とどのような影響があるのかを改めて確認し、同時に、昨今の《言論萎縮状況》にいかに立ち向かっていくかを話し合う、元気が出る会にしていきたいと思います。

発言(敬称略): 浅田次郎(作家、日本ペンクラブ会長)、雨宮処凛(作家)、香山リカ(精神科医・作家)中島京子(作家)、ビッグ錠(漫画家)、森絵都(日本ペンクラブ常務理事・作家)、森達也(作家・映画監督)、他
司会:山田健太(日本ペンクラブ常務理事・言論表現委員会委員長)
日時:2017年4月7日(金)午後6時半から8時
場所:文京区シビックセンター 小ホール
参加費:1000円
当日先着順:事前申込不要 定員280名

 

 

電子出版のご紹介

日本ペンクラブ電子文藝館

電子文藝館は、2001年11月26日に開設されました。ゼロから始めた作品掲載がこ のほど1000点を越えました。
 島崎藤村から当代の浅田次郎まで16人の歴代会長の作品のほか、ペンの会員なら 誰でも提案可能な作品、2010年の国際ペン東京大会開催を記念して始めた国際版 ・インターナショナルエディションの日本文学作品の英訳・仏訳作品、日本ペン創設以前の幕末・明治頃から現代までの会員以外の作品まで網羅的に、できるだ け系統的に掲載しています。

電子文藝館国際版

(The Japan P.E.N. Club Digital Library -international edition)

 (外国語作品や外国語訳作品を原語で掲載しています)

インターネットの電子図書館、青空文庫

青空文庫は基本的にボランティアにおって運営され、著作権が切れた文学作品を電子書籍化し、無料で公開しています。

↑ PAGE TOP