らく ぶん きょう しつ
小中学生のための
 楽文教室

 小中学生に文芸作品を読む楽しさだけではなく、自分で文章を書く楽しさを知ってもらうために「楽文教室」をはじめました。
「文学」や「作文」といった言葉には堅苦しいイメージがありますが、本当は文章を書くということは、とても楽しいことです。
そこでこのページでは「楽文」(らくぶん)という名前の教室にしました。文学の楽しさを知っていただればうれしいかぎりです。

※「楽文」という言葉は、造語です。「楽しい作文」という意味を込めて、「楽文」と名付けました。

小・中学生のための文楽教室(4/1更新)

第18回 名作から学べ−『ナルニア国ものがたり』の著者の考え方
第17回 名作から学べ−『ナルニア国ものがたり』
第16回 小説や童話を構成している要素を知ろう(6)−セリフの描写のつづき
第15回 みんな才能を開花させる能力を持っている
第14回 小説や童話を構成している要素を知ろう(5)−セリフの描写
第13回 小説や童話を構成している要素を知ろう(4)−人物描写
第12回 小説や童話を構成している要素を知ろう(3)−心理描写
第11回 小説や童話を構成している要素を知ろう(2)−風景描写
第10回 小説や童話を構成している要素を知ろう (1)
第9回 物語(ものがたり)の視点を知ろう (2)
第8回 物語(ものがたり)の視点を知ろう (1)
第7回 物語(ものがたり)を書いてみよう (2)
第6回 物語(ものがたり)を書いてみよう (1)
第5回 素直な心で書く
第4回 句読点のテン「、」のつけ方
第3回 「5W1H」を正しく理解しよう
第2回 見たこと、聞いたことを書こう
第1回 みんな作文の時間が嫌いだった

●トップページへ