「ことばは薬箱」  ショート・ストーリー募集

三つの言葉を使ってショート・ストーリーを作れ      横山征宏

 

 新企画です。より小説に近い形での演習として、三題話を募集します。
 短いコントの起承転結、オチをどうつけるか、 タイトルのつけかたなどで、センスがわかります。
 文章力を付ける訓練にもなりますので、どしどしご応募ください。
 合格者にはもれなく、受講生から大好評の「もの書き塾」CD-ROM教材を進呈いたします。

 次の言葉を必ず一度以上使って、400字以内の ショート・ストーリーを書きなさい。また、タイトルも 必ず付けてください。

★三つの言葉
「スカイツリー」「大根」「赤トンボ」

*******************************************************************************

★例題
       「漁船」 「維新の会」 「シャンプー」

★作品例

  怪議

「『維新の会』というのが、今はやっています。社長!  ここは『イシンカイ』というネーミングにしましょう。
ぴったりです。絶対、流行に後れちゃいけません!」
「しかしどうかなあ、新製品としては固すぎないか?」
「じゃ、ニシンカイってのどうでしょう。社長の親爺さんの漁船使ってニシン漁、コマーシャル、安くできますよ」
「ダメダメ、もっとソフトにしないと」
「イチ、二がダメなら、いっそゴシンカイは?」
「それじゃ、医者が反対するよ、もっといいのはないかね」

(馬鹿げた会話を続けて)
「君たち、何を考えているんだ。この秋に売り出すシャンプーのことだぞ」
「ゲッ。懐炉じゃなかったんですか?」


 


●原稿の送付先
yokoyama-koza@shuppanjin.com

●「横山先生の「無料添削講座 小説・エッセイ入門編」にもご参加ください、「アイ・ラーニング塾」に掲載しています。

次のリンクをクリックし、「ゲストユーザー」としてログインしてください。

ログインのボタンは、画面下にあります。
次に表示される画面で、「ゲストユーザーとしてログインする」をクリックしてください。
次の画面で、「ことばは薬箱 横山征宏・小説エッセイ講座」コースを選択してください。

<講師略歴>

慶応大学文学部卒業。昭和43年、集英社入社。小説・エッセイ等の文庫、単行本の出版部長、文勢小説誌「すばる」編集長などを歴任。担当した作家に渡辺淳一、五木寛之、伊集院静、さくらももこなど有名作家多数。
現在、日本ペンクラブ理事



●登録された出版物の著作権について  著作権は著者に属します。版権は出版人コムに属します。


●トップページへ